このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IC|読む、フリーペーパー

『IC』はICCが発行しているフリーペーパー。ICCは東京オペラシティにあるNTTインターコミュニケーションセンターの略称です。11月3日まで開催されていた「拡張された感覚|日韓のメディア・アートの現在」展へ行ったときに入手してきました。すっきりとしたデザインで、フリーペーパーというより、フリーマガジン。けっこうページ数があります。

IMG_1226.jpg  IMG_1238.jpg
黄色に黒文字、ぱっと目につく表紙。      一人、二回答。

表紙には「コミュニケーション・デザインのための40人のキーワード」という文字と共に、様々な分野で有名な人々の名前が並んでいます。本文には、『IC』のテーマに関連して最重要だと思われるキーワード、これからの日本と世界にとって重要だと思われるキーワード、という2つの問いの回答と、選んだ理由や考えが40人分掲載されています。

2つの回答を一緒にする。短いキーワード、文章になっている長いキーワード。読んでいくと回答の仕方そのものにも人柄が出ています。ほとんどの回答は誌面の3分の1を占める程度の文字数です。短い文章だからこそ、書いた人の考えが凝縮されています。難解で読みにくかった、あの人の文章も、これくらいの文字数ならば読めます。たとえ逸脱するとしても、それも含め、テーマを設定することで、普段論じている事柄とは違った書き手の一面も見ることができます。

テーマや文字数という制限は、書くほうには多少不自由になったのかもしれません。一方で、読み手にとっては、そのような制限があるから、不自由なく読むことができるのかもしれません。書き手の新たな一面を引き出したり、読み手が何かを発見したり…。いかに有意義な「不自由」を設定するか。大げさにいえば、メディアをつくる届け手の役割とはそんなところにあるのかもしれません。

もうひとつ、『IC』を読んでいて思ったこと。『IC』は通常のフリーペーパーのように細切れの記事ではなく、そこそこ連続した読みものです。じっくり文字を読んでいると、むずむずと読み飛ばしたくなり、普段いかに文字を消費するようにフリーペーパーに接しているかに気づかされました。

以下、『IC』より抜粋。

Q.これからの日本や世界にとって重要と思われることは?
A.「指差し確認」(大竹昭子)
A.「ものごとに丁寧に接するということを忘れずにいたいです」(小山泰介)


…同感です。

ちなみに、黄色い表紙から読んだ感想が中心でしたが、反対から読むと、キッズプログラムのレポートになっています。こちらは写真中心です。 

IMG_1236.jpg
反対からは、違う話。

(SR)
スポンサーサイト

たまにわ|アートを手の中に

「たまにわ」は宮城県内で配布されているフリーペーパーです。「仙台、宮城県内に暮らしながら制作活動を続けている作家たちの作品」が掲載されています。シンプルな表紙デザイン。妙に手になじむサイズだと思ったら、CDのブックレットと同じでした。

IMG_0621.jpg IMG_0622.jpg

今回入手したVOL.6には11の作品(制作年がすべて「2008年」のため新作?)が掲載されています。ページを開くと左には作家名やタイトル、サイズなど基本情報があり、右には作品画像があります。代表であり、宮城を拠点に活動しているアーティストのタノタイガ氏を中心にさまざまな表現に写真を通じて知ることができます。

アーティストが発行しているという点では(先日ブログで紹介した)表現場所としてメディアからつくってしまうzineと似ているとかもしれません。しかし、zineがメディア自体も表現であることに比べて、「たまにわ」は表現を多くの人々へ伝える(字義通り)メディアとしての役割を果たしている点で違いがあります。それはタイトルに込められたメッセージに表現されています。

「たまにわ(霊庭)」というタイトルは、それぞれの作家の世界観を一つの「庭(場所)」に集め、だれでもそっとのぞき込むことができることを意味しています。そして「たまには」アートも良いんじゃないですか?と、今日までアートに関心のなかった人のたちへの私たちからのメッセージでもあります。」

作家の世界観(=作品)を集め伝える場所であり、アート自体の魅力を伝える場所でもある。これは美術館やギャラリーと同じような機能ともいえるのではないでしょうか。東京と比べれば、直に作品へ接する機会は少ない宮城県。作品と出会うきっかけのひとつともなり得るのかもしれません。(もっとも、東京でも、より多様な出会いを得ることが必要とも言われていますが…参考

シンプルな構成で作品を掲載している「たまにわ」。協賛先は宮城県内の企業や大学、ギャラリーなど。酒屋さんから病院まで。さまざまな地元の協賛先に支えられ、発行部数は伸びています。最後の4頁にはこれら協賛先のロゴや名称に加えて、宮城県内のミュージアムやギャラリー、カフェマップも掲載されています。

「へぇ、こんな絵を描いている人がここにいるんだ」
「あそこにギャラリーがねぇ…え、カフェもあるんだ」
「あ、あそこがお金出してるんだ」

「たまにわ」をきっかけにこんな会話が交わされる。「ここ」や「あそこ」にある地元ならではの情報量。地元の支援に支えられ、地元拠点のアート活動を紹介するフリーペーパーだからこそ、アートに関心がない人も、地元というキーワードをきっかけにアートへつながる可能性があるのかもしれません。(SR)

IMG_0623.jpg

the london paper

イギリスのロンドンはフリーペーパーの激戦区だとよく知られています。朝刊には『metro』があり、夕刊には『Lite』と『thelondonpapaer』があります。平日のみ発刊されるフリーペーパーは地下鉄に置かれたり、出入り口で配られたり、朝晩ロンドンの活気さを感じさせます。今回は『thelondonpapaer』を簡単に紹介します。

thelondonpaperのターゲットは新聞を読む時間がない、政治や経済などのニュースにそれほど興味がない若い年齢層です。カラー刷りで写真が多いうえ、読みやすい英語で書かれており、短い記事で、ざっと読み飛ばすことができる特徴があります。

thelondonpaperのロゴを見ると、thelondonは黒字、paperは紫色にデザインされています。このロゴをデザインしたArt DirectorのAl Trivinoは最近同社の新聞「Sunday Times」の新たなデザインもしたようで、新しいデザインは色の使い方が重要なようです。Al Trivinoは「読者はすべてのページにカラーを使うことは「楽しく」「役立つ」と思っており、(デザインを変更することで)より読みやすくなった(readers thought colour use on every page was "enjoyable" and "helpful' and that the paper is now easier to navigate)」と語っています(*1)。

内容は、一般ニュースからファッション、健康、音楽・演劇・美術、スポーツなどの情報が充実していますが、一般紙と異なり、社説や金融系の情報はありません。新しい読者層の特徴を示していると思われます。2006年9月発刊以来、thelondonpapaerは現在毎日40万部を発行しているそうです。発刊のための費用はほとんど広告からなりますが、収支のバランスが取れるもう一つの理由は大物の記者を使わず、新人の採用とブログや読者のフィードバックを活用することにあるようです。台湾台北市の地下鉄沿線に配られた「爽報」も、この政策を取り入れ、ブログの文章を紙面へ反映させています。その点で、普段3Dの媒体しか興味ない新しい読者層も開発することができたそうです。
 
一方で、フリーペーパーの発刊によって、ロンドン市には深刻なゴミ問題も生れたそうです。2007年にロンドン議会では、thelondonpapaerやLiteに対し、各配布場所から半径100メートル以内を清掃するとともに、捨てられた新聞の処理を命じる法的措置まで行っています。この新たな措置により、両社がロンドン中央部でフリーペーパーを配布するためには、許可の申請が必要となります。民間では「Project Freesheet」というグループが立ち上がり、フリーペーパーの問題をウェブ上で発信し、路上に捨てられ、ゴミになったフリーペーパーを写真で見せたり、処分をしたりする活動を行っています(*2)。

londonpaper.jpg
ちなみに、現在thelondonpapaerの公式ウェブサイト上ではその日に発行されたペーパーの電子版を読むことができ、しかも普通の新聞紙を開くような感覚で読むことができます。ロンドン市から遠く離れた私たちもロンドン市民と同じようにthelondonpapaerを楽しむことができます。(HM)

*1 「Art director Al Trivino on Sunday Times redesign」
http://www.editorsweblog.org/newspaper/2008/07/art_director_al_trivino_on_sunday_times.php
*2 「Freesheets told to clean up London」
http://www.guardian.co.uk/media/2007/jul/10/pressandpublishing2


地域紙『わがまち雑司が谷』

今回ご紹介するのは1989から発行されている豊島区雑司が谷のまちの様子を伝えるタウン誌『わがまち雑司が谷』。豊島区に住む人々が、雑司が谷というまちやそこでの生活について記事を書いています。(たまに他の地域からの投稿もあるようです。)
表紙の写真は毎回、雑司が谷地区の味のある風景を使用。歴史的に価値のある建造物の写真が掲載されることもあれば、何気ない地域の日常を取り上げた写真が載ることもあります。今回ご紹介した第45号の表紙は雑司が谷商友会二丁目商店街の様子で、ビールケースの上に並べられた商品店先から界隈の雰囲気が伝わってきます。
200806120034000.jpg
 巻末の「人物探訪」コーナーでは、地域で活躍する方々を取材し、彼らの言葉が掲載されています。
どんな人が住んでいるのか、地道に取材を続けていくことで、まちの顔が見えてくる面白さがあります。イベント情報や批評ではなく、些細だけれど暖かな日常を伝えている『わがまち雑司が谷』。読者が使って便利な情報を伝えるのも重要ですが、まちへの想いが詰まったタウン誌というのもひとつのあり方ではないでしょうか。ただし自己満足で終わってしまわないように注意は必要ですが...。

 『わがまち雑司が谷』の発行人は雑司が谷在住の前島郁子さん。この地で生まれ育った前島さんはタウン誌発行のほか、都指定有形文化財でもある雑司が谷旧宣教師館の保存活動や保育園開設にも活躍された女性です。私が『わがまち雑司が谷』と出会ったのも、前島さんご本人と旧宣教師館前で偶然出会い、お話をしたのがきっかけでした。タウン誌からまちの情報を得るのは勿論のこと、人の輪が広がるのも楽しみの一つですね。(TR)



 
 

伝える側の個性―ハワイ・マウイ島のフリーペーパーたち

「書くこと伝えること」といったときに、
「何を」「どうやって」伝えるか、伝える側の個性がすごく出ると思うんです。

ハワイのマウイ島には、フリーペーパーがたくさんあります。
芸術についてのフリーペーパーだけでも、4つ、見つけてきました。
4つもあって何が違うの?と思うんですが、全然違うんです、伝え方が
マウイ

1.Art Guide Maui
年刊、厚さ8ミリで表紙のついたフリーガイドブック。結構いい紙質で、広告含めフルカラー全135頁。
空港やリゾートホテルのラウンジに置いてありました。目次が3種類ついていて、地域別の地図からアートスポットを探せる目次とコラム記事の目次、そして巻末のアルファベット順インデックス。扱っているアートスポットは、スタジオが少しと、ほとんどはギャラリーです。マウイ島にはこんなにギャラリーがあるのか、とびっくりするくらい。広告もほとんどギャラリーが出してます。

2.Arts & Culture on Maui
2ヶ月に1回のペースで発刊。配布時はB5版ですが、広げて読むときはB4版で、フルカラー全23頁。
同じく空港やリゾートホテルのラウンジに置いてありました。巻末にアーティストとギャラリー情報(アーティストがスタジオを積極的に開放していて、アポイントメントを取れば誰でも訪問して、直接話を聞いて作品を見る(買う)ことができるみたいです)。そしてイベントカレンダーが載っていますが、あとはライターによる取材記事が中心の読み物です。2008年4&5月号の特集は、Mike Carroll というアーティストと、ハワイの印象画について。

3.Maui Scene
週刊。タブロイド版ですが、フルカラー。前2つが美術中心だったのに対し、こちらは音楽・映画・舞台芸術の公演情報と関連特集記事が主な内容です。レストランでのライブ情報まで細かくフォローしてあります。ホテルのラウンジにも置いてありましたが新聞にも折込で入ってくるみたいです。

4.SHOWS!
Maui Arts & Cultural Centerによる2ヶ月に1回発行の4つ折パンフレット。ボックスオフィスの電話番号とともに、写真入の簡単な紹介とチケット情報、それから展示情報もちょこっとだけ載ってます。値段とチケットの入手方法をまとめたパンフですが全てのトピックに、小さいながら写真と、紹介文がついてます。

・・・4つを見比べてみると、
地元のアーティストを積極的に紹介していること、ギャラリー、クラフトショップ、ジュエリーショップ、ホテルやレストランがカラフルでお洒落な広告をたくさん寄せていること、全頁カラー印刷をちゃんと使っていること、は共通ですが、同じ地域の芸術のことを伝えるフリーペーパーでもこんなに違うんだ!ということにびっくり。
マウイのアートの懐の豊かさを感じました。

これだけあると、読み手の状態と好みにあわせて読みたいフリーペーパーを選べるのが魅力的です。
自分ならではの伝え方のスタイルが工夫されていると、書く方も読む方も楽しくていいですね。(NM)

METROPOLIS

外国人に「東京ってどんなまち?」と聞かれたら、どう答えますか?
そんなときとても助かるのが『METROPOLIS』です。
METROPOLIS1 METROPOLIS2
『METROPOLIS』は日本のコアな魅力を紹介する外国人向けの英文フリーペーパー。毎週5万部ほど発行され、首都圏の書店やホテルなど500ヶ所以上に置かれています。

東京圏のエンタメ情報が中心で、外国人観光客にとって人気のガイドブックです。日本の伝統文化から、昨今頓に注目を集めているオタク文化まで、日本のさまざまな側面を紹介しています。

面白いのが、日本人でも知らないような情報がいっぱいなところ。例えば、浅草を取材するにしても、有名な雷門は素通りして、浅草の提灯職人へのインタビューが載っていたりします。日本人が普段見過ごしてしまう日本の良さが満載『METROPOLIS』は、外国人よりもむしろ日本人にとって必要なのかも。(EF)

LONDON PLANNER(イギリス)

ロンドンのエンタメ情報をギュッと濃縮したのが『LONDON PLANNER』です!
LONDONPLANNER1 LONDONPLANNER2
『LONDON PLANNER』はB6サイズで120ページ(この情報量は驚異!)ほどのフリーペーパー。月刊で発行されていて、ロンドンのトレンド情報が満載です。細かい地図や地下鉄路線図も収録されており(この地下鉄路線図がとても便利。ロンドンの地下鉄はややこしいですからね。)ショッピングから観光までこれ1冊あれば不自由しませんが、さすがは演劇の国イギリス、舞台芸術に関する情報はとりわけ充実しています。オペラからパフォーマンスまでありとあらゆるジャンルが網羅され、日時や場所はもちろんのこと、簡単な内容紹介も載っていて、何を観ようか決める際にとても重宝します。ロンドンに行ったら真っ先に『LONDON PLANNER』をゲットして、ロンドンっ子になりきって、魅惑のロンドンライフを満喫しましょう!(EF)

Pots(破報・台湾)

pot2
Potsは台湾の台北で1995年から週に1回発行されているフリーペーパーです。2000部から始まり、現在では週80000部が発行されています。紙面の3分の2が芸術文化活動のニュースで占められています。

Potsは「若者のサブカルチャー」の発信拠点として作られた情報媒体であり、材質は普通の新聞と同じになっています。しかし、カバーと中身の編集は、より前衛的なデザインとなっています。特に、カバーは毎回1つのテーマに沿ったデザインになっています。たとえば、現代の消費への批判、DJのストーリー、俳優へのインタビューなど。このカバーを収集している人もいます。
cover

近年、Potsは紙媒体だけでなく、情報の発信と交流の場とするブログもやっています。ブログでは新聞と同じカバーストーリー、ニュース、本、音楽、映画の評論、文化評論家のコラム、社論などが掲載されています。ブログなので、もちろんコメント機能もあります。そのため情報と意見の交換の場にもなっています。「サブカルチャー」の発信が目的のPotsは、メジャーではないバンド、劇団、社会運動の支援ともなっています。

Potsは台北の文化施設、MRT(地下鉄)の駅、大きな本屋、カフェなどで無料でもらえます。「破」字が書かれた赤い箱。Potsはこの中に入っています。(CI)
pot3

フリーペーパーナビ

小金井発!書くこと/伝えること講座」では最終的な成果物を紙媒体で発行することを計画しています。いわゆるフリーペーパーです。『フリーペーパーの衝撃』(稲垣太郎、集英社新書、2008年)という本も出版されましたが、最近は駅や街角といった人の集まるところで様々なフリーペーパーを目にします。広告需要が大きい東京は一段と多いでしょうが、いまや全国に広がっているのではないでしょうか。

そんな全国のフリーペーパーを検索できるサイト。名前もそのまんま、フリーペーパーナビ。カテゴリに芸術も文化もありませんでしたが、「その他」をクリックしてみてみると『PARTNER』というフリーペーパーが紹介されていました。美大生による美大生のフリーマガジン。2007年4月に創刊されたようです。実際に見たことはありませんが、美大に行けば置いてあるのでしょうか。今度、探してみようと思います。(そういえば先日会田誠さんが青山ブックセンターでのトークでこのフリーペーパーの名前を出していたような、いなかったような…)(SR)

→ リンクに追加しました。

チラシ情報

Yahoo!のトップページに「インターネットで、全国の折り込みチラシが“無料”で見られる」というバナーがありました。Yahoo!チラシ情報というサービスのようです。見てみると全国の折込チラシが電子化されて公開されていました(残念ながら検索ジャンルに「芸術」や「文化」はありませんでしたが)。

インターネットが普及したとしてもチラシの効果はまだまだ強いように思います。劇場で束でもらうチラシや、美術館に並んでいるチラシがきっかけで次の催しへ行くことも多いのではないでしょうか。それを電子化して提供する。たとえばヨコハマ・アートナビ(横浜市芸術文化振興財団運営)ではトップページに「チラシ・インフォーメーション」という項目があり、財団主催の公演チラシが公開されています。公演チラシの画像が並んでおり、それをクリックすると自前の公演情報ページへ飛ぶようになっています。ただチラシ画像を拡大されるよりは読みやすい仕組みになっています(この点はartscapeも同じですが)。

ただそうするとチラシ画像は(目を引くだけの役割という意味で)ネットのバナーと変わりがなくなってしまうわけで…まぁバナー作成の負担は軽減しますが…。疑問も生まれてきますが、チラシとウェブは情報の鮮度の扱いでは協力できるはずで、こういうサービスは今後増えていくのかもしれません。(SR)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。