このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAMP|アートライターという仕事

予定があるときに限って、面白そうなイベントってあるものですね。

「同時代(の文化)を考える断続的なイベント」として、これまでも一定期間に集中して開催されてきたCAMP。アートライターの藤田千彩さんがゲスト。聞き手に美術評論家の福住廉さん。最前線で、同時代(の文化)を「書く」という仕事をしているお二人を迎えてのトークイベントです。面白そうですね…行けませんが。

以下、ウェブサイトより転載。
----------------------------------
<Corner Kick #5>アートライターという仕事

ゲスト:藤田千彩(アートライター)
聞き手:福住廉(美術評論家)

■美術評論家や学芸員の話はもう聞き飽きた。
■もっとちがう角度から、ちがう立場でがんばっている人たちの話を聞きたい。
■Corner Kickは、アートをはしっこからやり直す(時には蹴っ飛ばす)ために、まだまだ知られざる人びとのお話を聞くトークシリーズです。
■5回目となる今回お招きするのは、アートライターとして数々のメディアで活躍されている藤田千彩さん。
■ライターってどうやって食っているの? どうやったらなれるの? ライターと美術評論家のちがいは? わからないことは本人に会って聞いてみるのがいちばんです。そこはいくつもの仕事を掛け持つほどエネルギッシュな藤田さんのこと、すべて倍返しでお答えしてくれるはずです!

日時:2008年12月5日(金)20:00〜22:00
会場:Otto Mainzheim Gallery(アクセス)
定員:30人(予約制) 参加費:1,000円(1ドリンク付)

詳しくは↓
http://ca-mp.blogspot.com/2008/11/talk-1205.html
スポンサーサイト

ダンスシード2008|書く人、募集!

日曜日、小金井の「かんきょう博覧会2008」へ行ってきました。関連企画のダンスカンパニーノマド~Sの公演でもらった「ダンスシード」のチラシからの情報です。ノマドは千駄木のスタジオBrick-oneを拠点に若手育成プログラムとして、毎年「ダンスシード」を開催しています。そこでは「創る人」だけでなく「書く人(レビュアー)」も募集しているようです。以下、チラシから転載。

ダンスクリティック、レビュアー(批評者)を募集します。ダンスをつかまえ、言葉にし、「生きた種」を育てます。作り手と観客のインタラクティブで創造的な関係を築いてください。プロ、アマ問わず。レビューはダンスシード通信とウェブサイトに掲載します。

公演は今週末(月曜まで)と来週末にあります。見るだけでなく、書くことで参加してみてもいいかもしれません。さらに詳しい情報は↓を。

ダンスシード2008 
わたくしの森羅万象ー習作・試作から作品へ

http://www.danceseed.com/

成果発表会、終了しました!

11月14日。公開成果発表会が無事に開催されました!自らの活動や作品について日頃の想いを語ったり、事例を紹介したり、朗読や演奏の実演!あり…受講生10名による多彩な発表が行われました。会場は小金井市役所第2庁舎の8階。晴れていると富士山も見える見晴らしのいいところ。蛍光灯にかけられた赤と黄のセロファンは、がらりと会場の雰囲気を変えていました(外からも見えた!)。

IMG_1373.jpg  IMG_1385.jpg
準備中に見えた富士山                   赤と黄のセロファン照明

武蔵小金井のおにぎり屋、WaGayaさんにお願いしたおにぎりやおかずの数々を食べながら、盛り上がった発表会。会場からの質問やコメントが出たり、飛び入りの発表者も出てきたり、時間いっぱいまで受講生の発表が続きました。 

IMG_1424.jpg
食べながら、飲みながら、議論する

ここで終わるのがもったいない。会場へ訪れた人には、このように感じた方も多かったのではないでしょうか。ここから何かが始まりそうな予感がしています。何か動きがあれば、また、ここでお伝えしていきます。これまでのコンテンツもぽちぽちと続けていく予定です。発表会で講座は終了となりましたが、どうぞ、今後も本ブログをよろしくお願いします!

*****
成果発表会は「文化の縁側1」として開催されました。
11月22日には高円寺にて「文化の縁側2」が開催されます。
詳しくはhttp://koganeikakukoto.blog70.fc2.com/blog-category-16.htmlを。

公開成果発表会!!

講座は明日が最終回!公開成果発表会が開催されます。
先日、講座のことがネットTAMブログでもご紹介もいただきました!
非常にうれしい言葉ばかりでしたが、それで上がったハードルを
飛び越えようと一同、明日の準備にいそしんでいます。

受講生の発表は多種多様なラインナップになっています。
おいしい食べ物、飲み物もご用意してあります。
ぜひ、みなさんのご参加お待ちしております!

--------------------------------------
文化の縁側 in 小金井
小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座
公開成果発表会!!


2008年11月14日(金) 18:00~

「言葉で書くこと」という一般論から、「どう伝えるか」というメディアづくりまで。情報を集め、人に感動を伝え、共有していくためにはどうすればよいか。その方法を学ぶことをテーマに講座は展開されてきました。

公開成果発表会では、受講生がそれぞれ自らの活動や関心を会場の小金井から、言葉を使って、来場者へ発表します。そこから来場者とともに議論をしていくことで、発表者/聴衆のどちらも芸術文化への関心や活動を広げるきっかけをつくることを目指します。

縁側に座って、お茶をしながら、話をするように。発表をする、聞くだけでなく、双方にゆるやかな交流が生まれる場として公開成果発表会は行われます。

プログラム
18:00~ 開場
18:30~ ごあいさつ/趣旨説明
18:40~ 発表会開始!(発表5分・議論5分/休憩20分)
20:20~ 総括&ディスカッション
21:15  閉会

予約は不要です。直接会場までお越しください。
* 飲食代として、受付にて1500円をいただきます。

会場
小金井市役所第2庁舎8階 *これまでの講座会場と違います!
(JR武蔵小金井駅から徒歩8分)

主催
平成20年度小金井市芸術文化市民講座
「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」

日本学術振興会人文・社会科学振興プロジェクト研究事業?-2
「都市政策の課題と芸術文化の役割に関する研究」グループ

詳しくは↓もどうぞ。
http://koganeikakukoto.blog70.fc2.com/blog-category-16.html

IC|読む、フリーペーパー

『IC』はICCが発行しているフリーペーパー。ICCは東京オペラシティにあるNTTインターコミュニケーションセンターの略称です。11月3日まで開催されていた「拡張された感覚|日韓のメディア・アートの現在」展へ行ったときに入手してきました。すっきりとしたデザインで、フリーペーパーというより、フリーマガジン。けっこうページ数があります。

IMG_1226.jpg  IMG_1238.jpg
黄色に黒文字、ぱっと目につく表紙。      一人、二回答。

表紙には「コミュニケーション・デザインのための40人のキーワード」という文字と共に、様々な分野で有名な人々の名前が並んでいます。本文には、『IC』のテーマに関連して最重要だと思われるキーワード、これからの日本と世界にとって重要だと思われるキーワード、という2つの問いの回答と、選んだ理由や考えが40人分掲載されています。

2つの回答を一緒にする。短いキーワード、文章になっている長いキーワード。読んでいくと回答の仕方そのものにも人柄が出ています。ほとんどの回答は誌面の3分の1を占める程度の文字数です。短い文章だからこそ、書いた人の考えが凝縮されています。難解で読みにくかった、あの人の文章も、これくらいの文字数ならば読めます。たとえ逸脱するとしても、それも含め、テーマを設定することで、普段論じている事柄とは違った書き手の一面も見ることができます。

テーマや文字数という制限は、書くほうには多少不自由になったのかもしれません。一方で、読み手にとっては、そのような制限があるから、不自由なく読むことができるのかもしれません。書き手の新たな一面を引き出したり、読み手が何かを発見したり…。いかに有意義な「不自由」を設定するか。大げさにいえば、メディアをつくる届け手の役割とはそんなところにあるのかもしれません。

もうひとつ、『IC』を読んでいて思ったこと。『IC』は通常のフリーペーパーのように細切れの記事ではなく、そこそこ連続した読みものです。じっくり文字を読んでいると、むずむずと読み飛ばしたくなり、普段いかに文字を消費するようにフリーペーパーに接しているかに気づかされました。

以下、『IC』より抜粋。

Q.これからの日本や世界にとって重要と思われることは?
A.「指差し確認」(大竹昭子)
A.「ものごとに丁寧に接するということを忘れずにいたいです」(小山泰介)


…同感です。

ちなみに、黄色い表紙から読んだ感想が中心でしたが、反対から読むと、キッズプログラムのレポートになっています。こちらは写真中心です。 

IMG_1236.jpg
反対からは、違う話。

(SR)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。