このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小金井市芸術文化振興計画|デザイン・パートナー募集!

「書くこと/伝えること」とは、ちょっと離れますが、講座やブログに関わる重要なお知らせです。結果は、このブログでも発表します。どしどしご応募ください!!

---------------------------------------
この度、地域型アートプロジェクトの軌跡をたどった展覧会を、東京都小金井市で開催することになりました。そこで、この展示活動の広報に携わっていただけるデザイン・パートナーを公募します。選定を担当する事務局は、本アートプロジェクトで小金井市と提携を結んでいる、東京大学大学院・文化資源学研究室。デザイン・パートナーとしての採用が決まった方には、展覧会の広報ポスターおよびチラシのデザインを手がけていただきたいと思います。

あなたのデザインが、小金井市を飾ります。
私たちと一緒に、小金井市のアートプロジェクトをデザインしてみませんか?

<「はじまる、小金井―芸術文化の循環で人とまちを豊かに―」とは?>
東京都小金井市では現在、「小金井市芸術文化振興計画」を策定しています。これは「芸術文化の循環で人とまちを豊かに 誰もが芸術文化を享受できるまちへ」を目標として、2009年度より10年間にわたって実施されるものです。
 小金井市との提携を行っている東京大学大学院文化資源学研究室小金井プロジェクトチームでは、策定プロセスそのものを、一種のアートプロジェクトとしてとらえて取り組んできました。「はじまる、小金井 ―芸術文化の循環で人とまちを豊かに―」は、これまでの計画策定のプロセスの全貌の展示および関連企画であり、2009年3月に小金井市内で開催されます。計画に込められた想いをつなげて、小金井における試みを広げていくことを目指しています。

【募集要項】

■募集内容
小金井市芸術文化振興計画に関する展示「はじまる、小金井―芸術文化の循環で人とまちを豊かに―」を広報するための、ポスターおよびチラシのデザイン。
いわゆる行政的なスタイルにとらわれない、斬新で芸術性の高いデザインを期待します。
なお、ポスターとチラシにはデザイン的な統一性を持たせることが求められます。(同一デザインでもよい)

■応募資格
個人/団体どちらでも応募可能。経験・資格は不問。学生・留学生も歓迎。

■応募の流れ
(1)エントリ・・・2009年1月18日(日)まで
応募を希望する方は、下記の通りメールにてエントリをお願いします。
・メール件名は「デザイン・パートナー応募」とする
・氏名/職業と所属先/住所/電話番号/メールアドレスを本文中に明記
・送付先は LL087081◆mail.ecc.u-tokyo.ac.jp(事務局デザイン・パートナー担当)
※スパム防止のため、◆を@に換えて送信して下さい。また、うまく送信できない場合は、お手数ですが冒頭の「LL」を小文字のエル2つ「ll」に換えて下さい。
折り返し事務局より、確認のご連絡を差し上げます。

(2)デザイン案提出・・・2009年1月25日(日)必着
・1.ポスターおよびチラシのデザイン案(少なくとも各1点)
・2.過去の作品があれば、参考までに何か1点
を、期日までに郵送またはメール添付(ファイルの形式はPDFに限る)にてご提出下さい。
過去の作品については必須ではありませんが、審査の際の参考とさせていただきます。ジャンル・形式・用途等は不問です。
【メール添付】
・メール件名は「デザイン案提出」とする
・氏名を本文中に明記
・送付先は LL087081◆mail.ecc.u-tokyo.ac.jp(事務局デザイン・パートナー担当)
※スパム防止のため、◆を@に換えて送信して下さい。また、うまく送信できない場合は、お手数ですが冒頭の「LL」を小文字のエル2つ「ll」に換えて下さい。
・添付ファイルの形式はPDFに限る
【郵送】
〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室
(封筒表面に赤字で「デザイン応募作品在中」と明記)

(3)審査結果発表・・・2009年1月31日(土)
事務局にて審査を行い、デザイン・パートナーを1名/1団体指名します。
結果は採用者には直接通知すると共に、下記ウェブサイトにおいて公表いたします。
◇小金井発!芸術文化を書くこと/伝えることブログ
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/
および
◇テアトロンk 東京大学大学院人文社会系研究科・小林真理研究室(現在工事中・1月末オープン予定)
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR-Mari/

(4)デザイン最終案提出・・・2009年2月8日(日)まで
事務局との協議・調整を経て、完成作品のデザイン最終案を提出していただきます。

■要項詳細
【書式】
・ポスター・・・表面A2フルカラーで作成、裏面は使用不可、縦横の向きは自由
・チラシ・・・表面A4フルカラーで作成、裏面は単色刷り、縦横の向きは自由
※紙質・紙の種類の選択については、デザイン案採用後、事務局との調整時に応相談。

【必須の情報】
ポスター/チラシ共通。カッコ()内はあってもなくても可。

・(展示タイトル)はじまる、小金井
・(サブタイトル)芸術文化の循環で人とまちを豊かに
・(案内文)東京都小金井市では現在、「小金井市芸術文化振興計画」を策定しています。本展示では、これまでの計画策定の軌跡を公開し、プロジェクトに関わってきた人々の思いを伝えます。
・(会期)2009年3月13日(金)~16日(月) 10時~21時
※ただし、初日のみ13:00開場、最終日のみ18:00閉場
・(会場)小金井市福祉会館1階ふれ愛ギャラリー
東京都小金井市4-15-14(JR武蔵小金井駅徒歩8分)
・(会場アクセス:※地図については、エントリされた方に画像を配布します)
・(入場料)無料
・(関連企画)関連ワークショップ・シンポジウム
・「オープニング企画」3月13日(金)15:00~展示会場内
・「クロージング企画」3月16日(月)16:00~展示会場内
 ・(主催)東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトグループ
(住所)〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1
(電話・FAX)03-5841-1251
(メール)LL087081◆mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
スパム防止のため、◆を@に換えて送信して下さい。また、うまく送信できない場合は、お手数ですが冒頭の「LL」を小文字のエル2つ「ll」に換えて下さい。
※事務局は常勤ではありませんので、お問い合わせは基本的にメールまたはFAXにてお願いします。

【提出形態】
・ポスターおよびチラシのデザインをそれぞれ、
1. A4用紙に出力したもの(片面印刷でも両面印刷でも可)、もしくは
2. PDFファイル化したもの
・一人/一団体あたり複数点提出可能。
・使用ソフトの種類は問いませんが、採用が決定された場合は、最終的に電子データを提出していただきます。

■謝礼
デザイン・パートナーに採用された場合、謝礼1万円を進呈します。
その後、本プロジェクトを広報するための市民向けパンフレット、および報告書のデザインを依頼させていただきます(別途謝礼あり、詳細は応相談)。

■備考
・本計画の内容に関する詳細は、以下をご参照下さい。
◇小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座
http://koganeikakukoto.blog70.fc2.com/
◇小金井発!芸術文化を書くこと/伝えることブログ
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/
◇テアトロンk:小金井市芸術文化振興計画(現在工事中・1月末オープン予定)
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR-Mari/research.html
◇小金井市公式サイト
http://www.city.koganei.lg.jp/

■問い合わせ先
東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室(デザイン・パートナー担当)
(住所)〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1
(電話・FAX)03-5841-1251
(メール)LL087081◆mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
スパム防止のため、◆を@に換えて送信して下さい。また、うまく送信できない場合は、お手数ですが冒頭の「LL」を小文字のエル2つ「ll」に換えて下さい。
※事務局は常勤ではありませんので、お問い合わせは基本的にメールまたはFAXにてお願いします。

この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/109-96b1b9d3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。