このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職を探す

ここ数日は「書く場所」情報がなくなってきました。そこでグーグルで探そうとしたところ、本当は次に「劇評」とか「美術」「批評」といったキーワードをいれるはずが、間違って「公募」という言葉だけで検索をかけてしまいました。グーグルでは入力した言葉と一緒によく検索される言葉も表示してくれるのですが、なんと、表示された3つが「研究者 公募情報」「大学教員 公募情報」「公募情報 アート」でした。

研究者と大学教員、そしてアートに関わる人々は公募情報を探しているようです。公募探し=職探しではないでしょうか。(前者の2つは確実にそうだとしても)アートの場合は作品発表の場所探しもありますが。アートマネジメント総合情報サイト:ネットTAMには「キャリアバンク」という項目があります。開設以来、掲載される件数は年々伸び続けているそうです。それだけ情報を探していた人が沢山いたということであり、それを集約する(もしくはマッチングさせる)窓口のつくり方が上手かったということだと思います。

TokyoArtBeatにも「ジョブ」という項目がありますが、今後、このような仕組みがどんどん出てくれば、「公募 アート」がグーグルの検索からなくなることもあるのかもしれませんね。(SR)
この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/14-9afab8fb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。