このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INDEX(ドイツ)

kadai03_080516trpict1.jpg kadai03_080516trpict2.jpg

INDEXはベルリン・ミッテ地区で開催中の展覧会一覧を掲載しているフライヤーです。掲載している展示スペースにて無料で配布されています。大きさ、情報量とも使い勝手がいいのが特徴。年4回発行されます。

写真のように、広げるとA4裏表3枚分の紙面に70前後もの施設の展覧会情報がつまっているのですが、折りたたむと手のひらサイズ。持ち歩くにもちょうど良く、カラー地図は見やすいです。施設はギャラリー(赤)、美術館・コレクション(青)、その他の展示会場(緑)に色分けして記載しています。これくらいの大きさならギャラリーやカフェの店頭にも置きやすいですね。毎回表紙は変わりますが、INDEXのロゴがあるので一目でそれと分かります。ちなみに最近の表紙写真はwebサイトで見ることが出来ます。写真家の個性が出ていてこれを見るだけでも楽しい。

webサイトはシンプルなつくりで施設名、アーティスト名別の写真入りリストを見ることが出来、キーワードで展覧会場を検索することも可能です。ただしwebサイトでは地図による検索は出来ないようなので、はじめてベルリンのギャラリーを訪れる方は、INDEXのPDFファイルをダウンロードして地図を見ながら探検するのがおすすめです。近くのギャラリーもついでに見てみたら思わぬ発見があるかもしれません。(TR)

→ リンクに追加しました。

この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/28-4dd6f809
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。