このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展評(てんぴょう)

このあいだ運営スタッフ同士で打ち合わせたとき、
「やっぱり書く場所が少ないよね!」
という話になりました。

せっかく「芸術文化を書くこと/伝えること」講座をこれからやっていくわけですから、この講座以外でも情報発信することのできる場所を探して、このブログで紹介していこう、というのがスタッフの目標の一つなのですが、いかんせんそういうことが可能な場が少ないんですね。
でもだからこそ探さなくてはいけないし、そのためにきょうもスタッフはがんばります。

Web『展評』は雑誌「てんぴょう」のウェブ版です。展覧会評価に特化した雑誌ですが、現在は年一回の単行本化に抑え、そのかわりウェブのコンテンツを充実させています。その『展評』では、展覧会の評価を随時募集しています。以下、詳しくはウェブサイトより。(AT)

-------------------------------------------------------------------
『web展評』文を募集します

・あなたの文章をweb展評に!
・さらに、「From webてんぴょう」(書籍)に!

●文字数: 1600字~2000字程度 これ以上でも構いません。
●タイトル: 評論にはご自分でタイトルをお付けください。(展覧会名ではなく評論タイトル)
●データ: 展覧会名、作家名、開催期日、開催場所などをできる限り記載してください。
●期限: web版で展評も掲載します。基本的に投稿原稿は締切日を設けずに募集します。随時アップしますので、ご応募ください。
●応募資格: 国籍、年齢、職業など一切不問です。
●作品写真: 投稿者がご準備ください。
●応募形式: できるだけE-mail tenpyo1@dream.comにテキストファイルの添付でお願い致します。手書きなどの郵送でも結構です。
●謝礼: 基本的にはありませんが、掲載の場合は掲載誌などを送らせていただきます。

* 年に一回単行本化されます。
* ワークショップ体験などの内容でも可です。

この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/29-1e07332e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。