このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メセナnote

メセナノート1
講座講師(第7回)の若林さんの参考文献にもある『メセナnote』。最新号の特集は「演劇とメセナ」。そのなかに「演劇の情報サイト」という記事がありました。ブログのネタになる!と読んでみると、演劇ライフCoRich舞台芸術fringeシアターガイドPerforming Arts Network JapanDENが紹介されていました。『メセナnote』には各サイトの解説もついています。気になる方はチェックしてみてください。(追々リンクに追加しつつ、ブログでも独自に紹介していこうと思います)。

「チェックしてみてください」と書きましたが、『メセナnote』は企業メセナ協議会の機関誌です。書店やアマゾンで入手することはできません。年間購読料1000円をメセナ協議会へ振り込むと、年6号に特別号・増刊号が送られてきます。
メセナノート2 ←特別号の「メセナリポート2007」

A4の半分。コンパクトなサイズ。全16頁。文字の量もさほど多くはありません。小さいけれど~♪と歌うと某CMから苦情が来そうなので止めますが、読みやすいけれど読みごたえのある内容です。テーマごとキーパーソンのインタヴューや寄稿文。「演劇とメセナ:概論」といったテーマの現状や課題についての記事。さらに「メセナに関する質問・相談」や「メセナ担当者のためのアート講座」まで。

「社会とアート」にまつわる世界を歩くガイドブック。書店にならぶ『地球の歩き方』や『るるぶ』ではなく、現地へ行くと置いてある地元情報満載のマップのような(観光協会発行?)。『メセナnote』の表紙にある「社会とアートを結ぶオピニオン誌」というコピーを読んで、そんなイメージが浮びました。本文の合間で絶妙な雰囲気を生み出しているイラストもまた、旅情を誘います。(SR)
メセナノート3

この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/32-e08969c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。