このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<東京の夏>音楽祭2008で、音楽評論を募集予定

初夏のまぶしい日差しが続くこの頃ですが、東京では毎年夏になると、恒例の<東京の夏>音楽祭が開催されます。これは、1985年からアリオン音楽財団によって主催されてきた音楽祭で、毎年大きな話題を呼んでいます。第24回を数える本年のテーマは、「森の響き・砂漠の声」。7月3日~31日までの約1ヶ月間、東京各地のホールで、本公演から関連公演まで合わせて22の多彩なプログラムが展開されます。

さて、この音楽祭を主催するアリオン財団では、若手音楽家のための「アリオン賞」に加えて、音楽評論を対象とした「柴田南雄音楽評論賞」が設けられています。

2008年度の募集要項については、これから公開予定とのことですが、「当該年度の<東京の夏>音楽祭の1公演を含む個評2編と音楽評論または音楽時評の3作品」が例年公募の対象となっています。

音楽祭で演奏を聴き、そのコンサート評や音楽評論を書く。芸術文化を書いて・伝えてみませんか。詳しくはアリオン財団の公式サイトをご覧下さい。(SA)
この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/37-c8d46860
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。