このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題ルポ、更新③!

初回3回課題ルポも3本目の公開となりました。
まだ3本。しかし力作揃いの3本を読むだけでも、
書く対象やその表現方法の多様さに驚かされます。

「ルポの表現は、さまざま自由に」
「あらゆる表現は読者に認められるかどうか」
「ルポの文体は、とにかく人に伝える形で」
第3回講座ノートより)

課題は講座で学んだことの実践の記録です。
どう表現したのか?なぜこの表現を選んだのか?
内容だけでなく、表現方法にも目を向けて、
読んでいただければと思います。

---------------------------------------
美術と人をつなぐ ギャラリスト池田与汐子

 美術一般から現代工芸、その他を含め、年間20回もの企画展を展開しているギャラリストの池田与汐子さんをお訪ねしました。今日は、池田さんの人生の軌跡やギャラリー哲学などをお聞きしたいと思います。
 池田さんのギャラリーは大田区の大森駅から蒲田行きのバスに乗り、3つ目の「大田文化の森」バス停で降りて、徒歩2分ほどのところにあります。外から一目で中の様子がうかがえる木枠のガラス張りで、あたたかな感じのギャラリーです。中は真っ白な壁、作品を展示する作家さんへの敬意とその作品を見に来られる方々への行き届いた心使いが感じられます。
 池田さんは会期中にも関わらず、気持ち良くインタビューに応じて下さいました。

…続きはこちらから。
この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/82-25b472d5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。