このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画を原作にした小説?-愛媛県今治市の総合計画

「このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」の一環として運営されていますが、その講座は(仮称)小金井市芸術文化振興計画策定プロセスの一環として行なわれているものです。」


・・・なーんて、何だか堅苦しい書き出しになってしまいました(汗)。自治体の計画というと、普通に暮らしている感覚ではちょっととっつきにくい文書と思われがちだし、実際にあまりフレンドリーでない体裁も多いです。


そんな計画のイメージを覆すべく!愛媛県今治市による総合計画のパンフレットでの試みについて、ご紹介します。数日前に各紙で報道されていたので、ご覧になった方もいるかと思いますが・・・


愛媛県今治市作成

総合計画を原作にした恋愛小説

「海の都の恋物語」


あらすじ:

2015年の今治市が舞台。オムニバス形式で、2015年の今治市が舞台。瀬戸内の島々を結ぶ渡海船の跡継ぎ竜二や、市の「職業体験」に都会から参加した純、子どものぜんそくで離島に移住してきた七海らが登場。地場産業のタオル製造やみかん農業などに挑戦しながら、元気をなくした港や街の新たな可能性を開拓し、それぞれの恋に出会う。
若者たちの奮闘が、ものづくり産業を盛り上げ、港を中心に市を活性化するという総合計画の「海響都市」構想と重なっていく。


総合計画は、2006年の市町村合併を機に、10年後を目標にして策定されました。そのパンフレット作成に当たり企画課の職員の方が、「従来型のパンフではわかりにくいし、おもしろくない」と、恋愛小説を思い付いたそうです。


制作に1年をかけた力作は、わかりやすい、面白いと評判だとか。どうやって「書く」か、「伝える」か、どうすれば「伝わる」か、書くこと伝えることの奥深さと可能性を感じます。残念ながらインターネット上で実際の小説を読むことはできないみたいですが・・・これだけ関心が集まっているんだもの、公開されないかしら??


ちなみに「原作」の計画はこちらです↓

今治市企画振興部企画課 今治市総合計画(H18-27)
「ゆとり彩りものづくり みんな奏でる海響都市いまばり」

※全国で唯一つ、海峡が真中にあるまち→「海響都市」
http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/sougou/index.html
参考記事:
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008081501000153.html?partner=hi-ho
http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/article.aspx?id=20080815000064&ref=rss
http://mobile.shimotsuke.co.jp/news/domestic/life/news/20080815/37511
この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/87-4aa47a1a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。