このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Akasaka Art Flower08|都会のアート旅

座布団の山に群がる少しの子どもと沢山の大人。寝っころがったり、すべり落ちたり。壁や天井を駆け巡るプラレール。電車は走っていないけれど、クレーンはあります。手づくり感あふれるステージには、スピーカーや幕、提灯、ダルマ、鳥の置物…様々なものが雑然と並んでいる。それぞれ小沢剛(座布団)、パラモデル(プラレール)、鉄割アルバトロスケット(ステージ)の作品で、10月13日まで開催されているAkasaka Art Flower08の会場のひとつ、旧赤坂小学校の体育館の風景です。

IMG_1169.jpg IMG_1178.jpg
個性的な作品がひしめく、旧赤坂小学校体育館

Akasaka Art Flower08は赤坂サカスを中心に、小学校、図書館、神社、料亭、商店街、東京ミッドタウンを会場に作品展示が行われているアートプロジェクト。来場者は各会場を巡りながら、作品を鑑賞することになります。このAkasaka Art Flowerで面白かったのは、チケットとなるパスポートです。地図や作家の略歴、イベントなどが掲載されたコンパクトな冊子型のチケット。もしや…と、帰宅後に確認をしてみると、やっぱり同じでした。本物のパスポートのサイズと。

IMG_1183.jpg
本物のパスポート(右)とサイズが同じ!

と、サイズは後から気がつきましたが、実際に見て回っているとき面白いと思ったのは、パスポートにスタンプを押すスペースがあったことです。各会場にはスタンプが置いてあり、自分のパスポートに押していくことができます。スタンプは会場によって全て違うデザインになっています。これは全会場を回ってスタンプを集めたくなる気持ちをくすぐります。

IMG_1185.jpg
会場ごとにデザインが違うスタンプ…あと2個

この仕組みも本物のパスポートと同じところがあると思います。どこかの国へ行くたびにパスポートに押されていくスタンプ。同じ国でも入国と出国で違ったり、たまに押してくれないときは妙に残念な気持ちになったり、と。そもそも多くの駅や観光地には記念スタンプが置いてあったり、古くはお寺の御朱印もありますし…なぜ、人はこんなにスタンプに心動かされるのでしょうか。この件に関しては、個人差もありそうですが。

Akasaka Art Flowerのように、最近は、街なかの作品を見て回るかたちのプロジェクトは増えていますが、ひとつの企画として実施するかぎり、点在する作品の印象だけでなく、プロジェクトとしてのつながりを印象づけることもポイントになってくるかと思います。その点ではパスポートとスタンプ、いい仕組みだったのではないでしょうか。

ちなみに、スタンプは全部集めると何かもらえるそうです。
会期は13日(月・祝)まで。気になる方はお急ぎください。

(SR)
この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/94-5721096d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。