このブログは「小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座」運営の一環として、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室小金井プロジェクトチームによって運営されています。
ここではプロジェクトメンバーが見つけた「芸術文化を書くこと/伝えること」の情報を収集&発信していきます!
フリーペーパーやウェブサイト、文献の紹介。公募の執筆情報やレクチャーなど「書く場所」情報。もちろん講座の様子も…
プロジェクト内だけで留めておくにはもったいない!そんなもったいない精神に支えられ、ほぼ毎日更新中です!!
お問合せはこちらまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPAC劇評、募集!

静岡舞台芸術センター(SPAC)で劇評を募集しています。「春の芸術祭」の際もここでご紹介しましたが、秋のシーズンも継続して行われるようです。劇評のページもできており、過去の掲載作品も読むことができるようになっています。高速バスなら3時間。新幹線なら1時間ちょい。東京からも意外と近いです。秋風に誘われて、小旅気分でSPACへ。公演後に劇評を書いて、優秀作になれば、原稿料に公演1回無料。今度は交通費もチケット代も考えずに行けるかもしれませんね。

----------------------------------------------
SPAC演劇講座
SPAC劇評募集! 求む!舞台を視るつわもの達

優れた劇評はSPACのサイトで発表、もちろん原稿料あり!


投稿すると
●原稿は選考委員が必ず講評をつけて返信します。


入選すると
●原稿料は字数に関わらず20,000円(税込み)とします。
●入選原稿はSPACのサイトに掲載します。
●入選された場合、SPACの公演1回分の入場料を無料とします。

選考・講評
●選考と講評はSPAC文芸部(菅孝行、山村武善、大岡淳)が行います。

■ 字数 2,000字程度
■ 締め切り 批評対象の舞台が上演された5日後必着
■ 投稿はメールまたはFAX・郵便(封書)でお願いします。

詳しくはこちらをご確認ください。
この記事へのトラックバックURL
http://koganeikouza.blog21.fc2.com/tb.php/97-bf3b628c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。